オーストラリアンシェパードって?

2010/06/13
第二日曜日である今日。
いろんなところで《父の日セール》やら《父の日のギフトに》と聞くので、すっかり今日が父の日だと思っていた私は3日ほど前から“今年はどうしようかなぁ”なんてずっと頭を悩ませていました。

今日は、とりあえず急いでショッピングモールにでも行って‘私側のお父さんと旦那側のお父さん’の2人のお父さんに父の日プレゼントを選びに行こうかと思っていましたが・・・。

来週なんですね、父の日。

出かけようかと思っていた矢先に知って、ちょっと気持ちに余裕ができました(^^ゞ 改めてじっくりと考えたいなと思っています♪

*****

出産情報をアップしてからたくさんのお問い合わせをいただき、ありがとうございます。

まだ実際に産まれていないので受胎確認する前からイロイロと書くのはどうかなと自分でも思うのですが《お譲りする子犬たちには新しい家庭で大事にされ幸せになってほしい》・《子犬を迎えられる方に健康で可愛い子犬をお渡しして楽しいオゥシーライフを送っていただきたい》と思っています。

さて、今日の記事は「オゥシーのブリーダーである私」からは切り離して読んでもらえたらと思います。
(出産情報があるからこういう記事を・・ではなく、一人の‘オゥシーが大好きな者として書いている'ととらえてもらえたら嬉しいです)

ケネルにお問い合わせいただく中で、特にオゥシーを初めて迎えられる方に多いのですが「オーストラリアンシェパードに憧れています。でも、難しい犬だという話を聞きました。初心者では飼えない犬ですか?」というご質問がとても多いです。
そして同時に「DOUBLESTOPさんのオゥシーたちをブログで見ていると室内で飼われているようですし、とても楽しそうなんですが」というようなことも。

ご質問された方には私なりの見解や我が家の子達のお話を出しつつお返事させてもらっていますが、改めて「オーストラリアンシェパードって?」という私のオゥシーへの気持ちを書きたいと思います。

まず初めに。
‘難しいとか、飼えないのではと思わせる言葉はどこからでてきた話なのかな?’‘なにを基準にしてなのかな’と私自身がこの質問に対して、毎回疑問に思っています。

なぜなら私は一度もオゥシーという犬種にそう感じたことがないので^_^;
そして私の旦那は私と結婚するまで犬と暮らすのも接するのも初めて全てが初めての経験でしたが、いまや私以上の犬博士で「オーストラリアンシェパード大好き!」です。


「あなたの思うオゥシーって?」と聞かれたなら。
私はこんなに一緒にいて楽しい犬種はない!と思っています。

《人といることが大好きな犬だしオーナーを楽しませてくれる犬》に感じます。

サイズも大きすぎず小さすぎず、体臭もないし毛は長いけれどコート管理もとてもしやすいです。
頭が良いから私たちが言っていることを理解してくれるし、運動能力も高いのでいろんなことにチャレンジできて一緒に遊べます。
イタズラだって、子犬のときこそしたけれど犬だったらどの子でもするようなレベルだし、成犬になると「人間と一緒に楽しむこと」を遊びだと認識してくれてイタズラがありません。

(余談ですが、シズルは2歳でアメリカから来たので今までと全く違う環境から来ただけにゼウスと同じようにして室内で暮らすのは最初は難しいかなと思っていました。正直、子犬から育てていないだけにルールがわからなくてイタズラもするかも・・と覚悟していました。
ですが、時々うれしいと玄関のスリッパをくわえて嬉しそうにオシリふりふりしながらリビングに消えていく姿くらいしか見かけないくらいイイ子。今や家の中で完全フリーのままお留守番もしています。最近、事情で実家に6歳ほどのオゥシーが家族になりましたがその子も家の中を自由にしています。頭がいいだけに環境適応能力がいいなと思っています^^)

パートナードッグという言葉もあるように犬という生き物は本当に人間にとって良いパートナーになってくれ、犬と暮らすと人生がもっと楽しくなるようにすら思います。
大変だと思うことだってあるけれどそれよりももっとたくさんのプラスをくれます。


特に犬種それぞれのファンシャーがいるように「自分が愛している犬種」には皆さん、それぞれの意見があり犬種への思いがありますよね。
ただ、共通してそれは幸せになってほしいという思いなのではないかなと私は考えています。

たぶん「難しい」「初心者は」という言葉は、けして新参者を拒否するわけでなく新しく迎える方が安易に迎えて不幸な犬を作り出してほしくないという、犬種を思うが故の言葉なのだと。

ですがオゥシーに限らずに、犬という‘命’を迎えること自体は決して安易に考えるべきではありませんし、自分の意思で「欲しい」「飼いたい」と思うのならその命を絶対に幸せにしてあげることをまずは約束すること。
その命の一生を人間が握るわけですから幸せになるか不幸になるかです。

それが約束でき、その気持ちをずっと持ち合わすことができるならきっと「憧れの犬」との暮らしは楽しいものになるのではないでしょうか(^ー^)

niga1.jpg


画像は2年くらい前の初夏。新潟で川遊びを楽しんでいるルシードゼウス。今月は蛍を見に、毎年恒例で新潟に行くつもりだったのですが行けなくなってしまいました。残念・・・。
comment (4) @ オーストラリアンシェパード
今後のオゥシーグッズ販売予定 | INFORMATION

comment

Re: オーストラリアンシェパードって? : 和田ジュニア @-
たしかにパパは立派なイヌキチです!(笑)
たまに言ってくれてる事が、「???」な時があるんですよねー。
パパ見てたら、まだまだ修行が足りぬと、反省します!(笑)
2010/06/13 Sun 22:26:26 URL
我が家の… : gumi@DOUBLESTOP @SFo5/nok
>和田ジュニアさん
我が家のドッグショー番長、恐るべしでしょ(笑)
それだけ彼にとってゼウス達が可愛くて、オゥシーにハマったからケネルがあり、今の旦那がいるわけだけど。
初めてルシに会った時、「変わった毛色の大きな犬」に戸惑っていた姿が今では想像できません(笑)
2010/06/14 Mon 01:16:21 URL
オゥシー : ポンタノスケ @-
こんにちは、
オゥシーは初心者もokなんですね!
わたしは、オゥシーを飼うつもりでいるのですが、初心者だからどうなのかなーと思っていました。
オゥシーは外でも飼えるのですか?
2013/07/15 Mon 20:16:48 URL
ポンタノスケさん : gumi@doublestop @-
我が家では外で飼われる方には譲っていませんが外でも飼えると思いますよ。
いい子と出会えたらいいですね!
2013/07/15 Mon 22:22:58 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する