体温が教えてくれること。

2014/10/18
来年の春から幼稚園に通う、人間のお子様。
水曜日に願書を取りに行ったのですが、その時に18日土曜日の午前中に説明会があることを知りました。

わ!どうしよう。
その時にピンキーが陣痛きたり、出産になっちゃったら…。
買い物や用事で外に出るぶんには自分で時間も決められるし、ピンキーの様子を見てから時間も動かせますが。
出産予定日に入ったこの時期、決められた約3時間の動かせない時間。

困ったときの実家の母頼み(^^;
昔に猫の出産を見た、と聞いたことがあるのでいざとなったら出産介助をお願いすべく。
子犬の取りだし方や、へその緒の処理の仕方と教えればなんとか乗り切れるかも…
なんて考えながら、ピンキーの体温測定をしていました。

予定日が近づいてきてから1日4回の体温測定をしているピンキー。

だいたいピンキーの平熱が38度3分なのですが37度台になってきたら、もうすぐ始まる出産の合図です。

前日は、最後の測定が38度3分。

今日の朝一番の測定も38度3分。

昨日から巣作り行動は始めだしたけど、まだまだ産む気配もない表情。

というわけで、ホッとして朝、人間のお子様と一緒に幼稚園の説明会と体験入園に行けたのでした。

子犬の頭数が少ないのがわかっているので、産まれるのも遅そうですが。
あんまり育ちすぎて産道を通らなくなると怖いなと思っています。

予定日真っ只中。
体温計がもう少しで出産を教えてくれそうです。

20141018a.jpg

画像は、お父さんになるコルド。

ゼウスが自分の子が産まれるとき、産箱の前が指定席かのように寝ていましたが最近はコルドが同じことをしています。
これから産まれる小さな命と、お母さんを守っているようにみえます。

comment (0) @ 日々の出来事
やっと、です。 | 大工仕事。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する