コルドJKCチャンピオン完成。

2012/11/29
本日3回目のブログです。
パソコンを立ち上げる時間が出来たついでにまとめて一気に書いていこうと思います。

25日の日曜日に富士スバルランド体育館(ドギーパーク)にて開催された山梨県クラブ連合会展にてコルドがJKCチャンピオン完成をしました(^^)

パピークラスを卒業し、本当のショーチャレンジともなるヤングアダルトクラスにてショーを再開したコルド。

今月の頭から走り始めたばかりのドッグショーですが1枚目にグループ2ndでMCCカードをもらい、その後に23日の千葉でのクラブ展・24日の山梨でのクラブ展とグループ2nd ・ 3rdでCCカードを。

そして25日の山梨での連合展でグループ2ndでMCCカードを。

3連休で連日、3枚のカードをいただき最終日の連合展でのチャンピオン完成となることができました。

画像は埼玉連合会展での写真ですyren6.jpg

25日は私一人でゼウスをお供に山梨県まで応援に。

渋滞を避けてと思い、朝5時過ぎに家を出発して首都高も中央道も順調に進み7時過ぎには会場に到着できるなぁという感じだったのですが・・・。

yreng1.jpg


高速の出口となるICで大渋滞。
出口まであと10キロというところで、全く動かなくなってしまい3時間以上経過。
後で知ったのですが、その日は富士山マラソン?の開催だったらしくマラソンに出走予定の沢山の方がこの渋滞で棄権するはめになったのだとか。

路肩ではトイレのために外に出る人、高速道路なのに渋滞にしびれを切らして路肩を歩き出す人たち、そして路肩走行で飛ばす車。

私も会場に余裕で到着すると思いながら走ってきたので、全く動かない渋滞の列にウンザリ。
9時には始まるであろうドッグショーにも間に合わないこと確定。
後部のクレートにいるゼウスに「ゼウちゃん、渋滞困っちゃうねぇ」なんて話しかけながらの渋滞解消待ちでした。

結局、会場には10時に到着。

もうブリードも終わっているはずの時間なのでガッカリしながら会場入りし、駐車場で誘導員の方に「どの辺に停めればいいですか?」と聞いたら「これからどんどん人も入ってくるから前の方に停めてください。今日、11時開始だから」。

「え?今日11時開始なんですか?!」 びっくりした私。

「渋滞すごかったでしょ?間に合わなかった人多いからね。時間遅らしたんだよ。」

というわけで、渋滞の関係で時間が遅れて開始されることになったドッグショー。
前日から会場入りされている方にとっては迷惑な話かもしれませんが、私にとってはラッキーでした。

11時に始まったブリード選。
オゥシーはコルドのみのエントリーでしたが、毎ショーごとに安定してきているコルドでした。

yreng2.jpg

yreng4.jpg

自分の愛犬なのであまり自画自賛するのも恥ずかしいところですが、コルドとっても良いです。
私の好きなタイプに成長してくれていて、年齢を重ねてもっと幅が出てくる頃には更に良くなると思っています。

yreng3.jpg

yren5.jpg

グループ選出の時は、いつもドキドキしますね。
ジャッジが指をさす瞬間は、いつも心拍数があがります。

「あの犬に勝った!」「あの犬に負けた!」
そんな言葉も聞こえてきて、少し残念なこともありますがドッグショーはけして勝負の場ではなく、たった一人の見識ある審査員に評価をもらう場所です。

自分の犬にどういう評価が下されるか。

結果が勝ち負けのどちらかに分かれるということだけにこだわっているのならそれはとてもつまらなく、情けないことだと感じています。

もしスポットライトが照らされるのならば、自分にとってそのスポットライトの当たるべきところは評価をする審査員と自分の愛犬。
それくらい自分の愛犬が評価されるかされないかしか考えていません。

私がドッグショーに出す意味は自分の犬がどう評価されるか。
自分が可愛い愛犬だからと過大評価していないか、第三者である審査員はどう評価するのか。

そして繁殖も考えるブリーダーとしては特に、愛犬の血統を次世代に引き継いでもいいか、血を残すに値する犬か。
もし評価がされないのならば、健康上に全く問題はないとしてもやはり大きな何か足りないものがあるという評価なのでしょうから繁殖は控えなければという結論も出します。

ショーについては話すとまた長くなるのでこの辺でやめますが私にとってドッグショーという場は大きな意味を持っています。

話をコルドに戻しますが、父犬ゼウス・そして母犬シズルと両親犬を私が所有する自家繁殖犬として、私が産まれたときから育てたコルド。

そのコルドが評価をもらえたこと。とても嬉しいです。

おめでとう!コルド君。
がんばってくれてありがとう!

cordes.jpg

*オマケの話*

3連休最後、甘くみるものじゃなかったデス。
帰りも事故渋滞やらで帰宅に、2時間ちょっとで帰れる距離が6時間ほどかかりました。途中のPAでゼウスと一緒に寝たりして休憩をとりましたがクタクタ。

でもゼウスはドッグショーの合間、一日私と一緒に青空の下、ベンチで一緒に日向ぼっこをしたり、ゆっくり歩いたりして久しぶりに私を独り占め。
他の犬に吠えられても無関心で私の横をおとなしくついて歩き、時々嬉しそうな顔で私を見たり。
なんだかすごく嬉しそうでした^^

お留守番組のシズルたちも旦那さんがしっかりお世話してくれたので、楽しめたようです。よかった!

運転は趣味の一つですがさすがに渋滞は疲れますね・・。

☆☆ 毎日たくさんのクリックありがとうございます。
オーストラリアンシェパードのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックして応援してくだされば嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
にほんブログ村
comment (0) @ SHOW
大阪インターナショナルドッグショー。 | マニーくんのテレビ出演。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する