5つの物語。

2011/05/29
昨日、土曜日に5頭の子犬たちが巣立っていきました。

朝から夜にかけて順番に子犬たちそれぞれの、5家族が我が家までお迎えに来てくれ子犬たちのお渡しとなりました。

前日の夜に5頭の子はシャンプーして、別のサークルをリビングにもう一つ組み立てて「お迎えスペース」としていたのですが、前回のこともあるのかやっぱりシズルはわかるんですね。
シャンプーして違うサークルに子犬たちを移すと、何かを察したようにサークルの前で動かないでいました。
シズルも含め、ゼウスたちは夜10時半には2階にある犬達専用の部屋での就寝となるのですが、いつもなら夜のトイレが終わると2階にスムーズに上がるものの階段を上がろうとせず、そんな姿に私達も切なくなってしまいました・・・。

シズちゃん、今回はコルド君が残るからね。ごめんね。
他の子たちもきっと幸せになってくれるから大丈夫だよ。と言うとシズルもジッと顔を見ていました。

*****

5頭の子犬たち。
お迎えの時間までに写真を撮ろうと思っていたのですが、他の子たちのお世話もあるためカメラをゆっくり向けられず、下の集合写真となってしまいました。

pup0528.jpg

左手前 ブラックトライの女の子。埼玉県に行ったウィンディちゃん。

左奥 ブルーマールの男の子。群馬県に行ったテオくん。

真ん中 ブルーマールの男の子。千葉県に行ったミモザくん。

右手前 ブルーマールの女の子。東京都に行ったブントちゃん。

右奥 ブラックトライの男の子。埼玉県に行ったアスランくん。

5頭の子犬たち。
これからそれぞれ新しいご家庭で5つの物語のスタートです。
今回の子犬たちもとても素敵なオーナーさん達ばかりだから、きっとみんな幸せになってくれると思います。

さっそく、ご自宅に到着後の様子を伝えてくれたオーナーさんたちもいて「トイレもペットシーツでバッチリしてくれたし、ゴハンもしっかり食べて元気です」という嬉しいお言葉ももらえました♪
夜、寂しくて鳴いてしまった子もいたようですがお兄ちゃんとお姉ちゃんが一晩見守ってくれたということも聞いたりし、本当に嬉しいです。

お渡しの日までゼウス父さん・シズルお母さん・ピンキー姉さんと3頭にたくさん遊んでもらい、私達も子犬たちが幸せになれるように全てにおいてベストを尽くしてきました。
子犬たちが産まれる丁度1週間前に自分自身の体調の変化に気づき、一時は体調がとにかく悪くて毎日悪戦苦闘した時期もありましたが子犬たちを育てることにおいて一切手抜きはしていないこと・自分達がもしブリーダーから犬を迎えるなら子犬たちにはこういう風にしてほしいという理想を現実に変えて行ってきたことは自信をもって言えます^^

まだ残り6頭の子育て。
リビングの子犬たちのサークルのにぎやかも半分になりましたが、残りの日数もますます良い子になれるようにがんばりたいと思います。


☆☆ 毎日たくさんのクリックありがとうございます。
オーストラリアンシェパードのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックして応援してくだされば嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
にほんブログ村
comment (0) @ PUPPY
一年記念日。 | 子犬たちの巣立ち。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する