子犬たちの巣立ち。

2011/05/27
久しぶりのブログ更新です。
朝から晩まであっという間に時間が過ぎていっています。
夜は午前2時に就寝・朝は午前4時半に起床になるこの頃なので(日中、うたた寝してしまいますが)起きている時間は長いはずなのに、時間は気づけばどんどん過ぎています。

ちょっと前まで下の写真のように、こんなに小さかった子犬たちも生後2ヶ月を迎えようとし、とても大きくなりました。

0527broa.jpg

現在は、こんな感じ。
日に日に立派に成長し、よく食べてよく遊び、よく寝てスクスク大きくなっています。

つい何日か前まで深夜も早朝も一日3時間ごとにミルクを哺乳瓶で与えていたり、「目が開いた!」 「立って歩き始めた!」なんて言っていたのに。

そして、数日前までサークルのふちに手をかけて立ち上がるのにも届かない大きさだったのに今やお客さんが来ると11頭全員がサークルのふちに手をかけて立ち上がって、サークルが壊れるくらい大はしゃぎの大・大・大歓迎!です。

0527brod.jpg


子犬たちも明日は5頭の子達が巣立ちを迎えます。
6月からも順次、巣立っていくため今週は子犬たちのお渡しに向けての各種証明書の準備や書類作業と事務作業にも追われていました。

水曜日には、前回往診に来てくれた先生がもう一度我が家に往診に来てくれました。
先生も1週間で更に大きくなった子犬たちにビックリされていましたが助手の方も一緒に「かわいいね~。みんな11頭ほんとにかわいいよね~」と目を細めておられました^^

先週にしたマイクロチップもリーダーで全員読み取りOK、健康診断と虫下しの処方(予防)をしてもらいました。

ちなみにマイクロチップに関しては、我が家で産まれた子たちは全員お渡しの前にマイクロチップを入れてお渡ししています。 (ゼウスたちも全員、体にマイクロチップが入っています)

今は、わりとペットショップで飼育放棄の防止などの意味合いで子犬や子猫にマイクロチップを入れているところも増えてきましたが、たぶん個人のブリーダーでマイクロチップを入れてお渡ししているのは珍しいほうかと思います。

マイクロチップに関しては、簡単に言うと動物の個体識別を可能にする電気標識器具で、直径2ミリ全長12ミリほどの小さな無害である生体適合ガラスのカプセルです。
麻酔などはいらず、普通の注射と同じ感覚で皮下(だいたい肩あたり)に埋め込みます。

それぞれのマイクロチップは、世界で唯一の変更不可能なナンバーが記録されていて、そのナンバーをリーダーという読み取り機で読む込むことにより、ナンバーに記録されている飼い主の名前や電話番号、住所などがわかるという仕組みになっています。

メリット的には、思いがけない迷子・逸走のときにも安心であり、地震や火災などの災害発生時にも保護された際に的確な救護処置が可能になり飼い主への返還率を高めることに繋がります。
また、最近増えているペットの盗難防止にも有効であり、ナンバーの変更や改ざん・消去ができないためいざというときに明確な身元証明も可能になります。

そういったメリットが沢山あるため、我が家で産まれた子犬たちにも全員にマイクロチップを施して送り出すようにしています。
大切な可愛い子犬たち。
新しいオーナーさんのもとに行って、万が一の事故が起きたときに私達も力になれるようにという思いでいます。

**********

それでは昨日撮影した子犬たちの画像を。
みんな毎日、兄弟で遊んで一日に何度も体をふくのにすぐに汚れてしまいます^_^;
あまりひどいときは、シャンプーをして丁寧に乾かしていますが兄弟で遊ぶとすぐにヨダレまみれのカピカピ・・・。

給水器からお水を飲むのも最初より、とても上手になり全身ビチャビチャになることはなくなりましたが。

0527broe.jpg

お水を飲んでいても寝ていても、兄弟でのバトルが開始です。

0527brog.jpg

あんまり子犬たちが大騒ぎしているとシズルお母さんとピンキー姉さんが注意に行きます。
そんなときゼウスお父さんは「子犬たちのしていることだから放っておきなさい」とばかりに横目で見ています^m^

0527brof.jpg

ではでは。
子犬たちの個別画像を。
シャンプーを控えて、少し汚れているのでフカフカとは言いがたいですがかわいい表情をご覧ください♪

ブルーマールの男の子達。
上から第4子の我が家のコルド。
そして第11子ミモザ君・第9子テオ君・第7子ジェイド君。
0527bmm.jpg

ブラックトライの男の子。
第6子アスラン君。
0527btm.jpg

ブルーマールの女の子達。
上から第2子アイラちゃん。第10子ブントちゃん。
bmfe0527.jpg

ブラックトライの女の子達。
上から第8子レイちゃん(オーナーさんを募集していましたがただいまオーナーさん候補の方とお話中です)
第5子ベッキーちゃん。
第3子ウィンディちゃん。
第1子サフラちゃん。

0527btfe.jpg

*************

最後は、シズルと同じくらい子犬に夢中になって子育てを手伝っているピンキー姉さんと子犬たち。
自分が産んだ子犬のように思っているみたい。
ピンキーの子犬はもう少し先だけれどいいお母さんになりそうです。

0527brob.jpg

0527broc.jpg


☆☆ 毎日たくさんのクリックありがとうございます。
オーストラリアンシェパードのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックして応援してくだされば嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
にほんブログ村
comment (0) @ PUPPY
5つの物語。 | 坊ちゃん。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する