ウェストミンスター PART.3 オゥシー

2011/02/28
今日で2月も終りですが、春一番が吹いたと思ったら今日は朝から冷たい雨でした。おまけに午後からミゾレまじり。
ゼウスたちもこんな日は庭での運動となりますが、庭に出てもすぐに今入ってきたばかりのゲートの前に立って「早く家に入りたい」といわんばかりです。
夕ごはんを食べたら最後のトイレ出しの時間まで、またグッスリ。本当によく寝る3頭です・・・。

さて。やっと私も一息つける時間がまた戻ってきたのでウェストミンスターケネルクラブドッグショーPART.3 本題?のオゥシーについて書きたいと思います^^

****************************
*****************

2月14日、15日と2日に渡って行われたドッグショー。
オゥシーのブリード(犬種)選は初日となる14日に13時よりDr.H.SCOTT KELLOGG氏のジャッジングの下、3リングにて行われる予定でした。

ny16.jpg


‘予定’と書いたのは・・・。
始まらない。
審査の開始時間13時を30分過ぎても始まらないのです。

どうやらオゥシーの審査をするジャッジ(審査員)を待っている様子。

ジャッジは、オゥシーのブリード審査の前にジャーマンシェパードのブリード審査を別のリングにて受け持っていたのですが、ジャーマンシェパードの審査進行が予定されていた時間よりも遅れていて予めの時間内に終らず、次に審査するオゥシーのブリード選が押してしまっていました。

結局、ジャッジを待って審査が始まったのでオゥシーのブリード選が始まったのは約1時間遅れてからでした。

ドッグショーでは担当犬種をかけもっているジャッジにおいて、こういうことは多々あるのですが1時間遅れてというのは、なかなかないかもしれません。

その間、いつ始まるかわからない審査開始のためエントリーしているハンドラーさんもオゥシーたちもリングサイドで審査が開始されるまで待ちぼうけ。

本当なら審査開始のギリギリまで最後の仕上げをしたいでしょうし、犬達が飽きて集中が途切れてしまうので、こういった時間はハンドラーさんにとっても犬達にとってもキツイかと思いますが、広いスペースとはいえないリングサイドでエントリーしている沢山のオゥシーたちが犬同士のトラブルもなく、ハンドラーさんに従って時にはステイポーズの練習もしながら開始を待っている姿がとても印象的でした。
中には、大あくび連発のオゥシーの子もいたりしましたが^m^

そんな感じのオゥシーのブリード選だったため、リング周りで開始を待っていた沢山のギャラリー達も、いつ始まるかわからない開始時間にしびれを切らし他のリングへ移動する姿もチラホラ。
もともと旦那さんはビデオを、私はデジカメをかまえていたので撮影ポジションは良い場所を確保していたのですがリング周りに設置されている椅子にちょうど2つの席が空き、運よくリングサイドの最前列に座って観戦することができました。

ny20.jpg


事前のエントリー頭数は39頭でしたが、当日は22頭のエントリー。

日本では、2003年に本部展で8頭のオゥシーがエントリーしたことがありますが(私も当時の愛犬ルシードでオーナーハンドラーにてエントリーしました。懐かしくて恥ずかしい思い出です)、後にも先にもそれが日本のオゥシーのエントリー頭数で一番集まった頭数だと思います。

ny21.jpg

写真はジャッジにより触診中のブラックの男の子。この子はBOBの次席となるアワードオブメリットに選ばれました。

目の前に沢山のオゥシーたち。
やっぱりオゥシーはいいなぁ~と少々うかれ気味になりましたが、ビデオ担当?の旦那さんはしっかり撮影を。
私もデジカメで写真を撮りつつ、目録の犬名と目の前で走っている子を照らし合わせながらショー見学をしました。

ビデオは、帰国してから犬名の掲載されている目録と照らし合わせて見られるようにハンドラーさんの腕のエントリーゼッケンも映しながら撮影してもらいましたが、帰宅してビデオを見直した時にあの時の感動は戻ってくるけれど映像は限界がありますね。やはりLIVEで見る感覚は違います。

ny17.jpg


画像が切れてしまっていますが、リング一周をぐるっと囲むように沢山のオゥシーたちがステイする姿は壮観でした!

時間にして45分くらいの見応えあるブリード選。
BOB(ベストオブブリード)に選ばれたのは、下の画像のブラックの女の子。
コールネーム「ビヨンセ」という子でした。

3年くらい前でしょうか?ゴールデングローブ賞なども受賞した「ドリームガールズ」という映画で、ビヨンセ・ノウルズが主演女優賞ももらいましたが、今回BOBに選ばれた彼女の名前も犬名はDream Girl、コールネームが‘ビヨンセ’です^^

ny19.jpg

BOBのビヨンセちゃん。
この子は2010年のアメリカでのショーをしているオゥシーのランキングで#1であり、ハーディンググループのランキングでも#6という子です。BISも、たしか7回とっていると思います。

事前にエントリーしていることを教えてもらったので会えるのを楽しみにしていた子の1頭でしたが、本当にとても綺麗な、人の目を引き付ける子でした。
ハンドラーさんのハンドリングもとても素晴らしく一際目立ちましたが、直線に歩くアップダウンでは正確な走りを見せ、言葉で表すのは少し難しいですがラウンドでは地面を蹴って滑らかな、まるで疲れを知らないようなムーヴメントを見せていました。

・・・・今回初めて生でオゥシーの審査を見ることができ、沢山の素晴らしいオゥシーたちが目の前にズラリと並び、1頭1頭の審査を見られる時間というのは私にとってはとても贅沢で勉強になりました。

全体的な印象としては、オゥシーのタイプが少し前と本当に変わったなぁという感じです。
少し前までは大きなオゥシーが多かったのですが現在は、わりとコンパクトという言葉がふさわしいように思います。
スタンダードという犬種が持つ基準はありますがスタンダードは時に改正もあり、時代や人々の好みによってオゥシーも変わってきていますね。
アメリカ、イギリス、オーストラリアやニュージーランドなど国によってオゥシーのタイプも違いますが、もちろんスタンダードから離れてきているというわけではなくアメリカのドッグショーで活躍するショードッグのオゥシーたちも時代によってタイプが変化してきているように感じました。

長くなりましたが、次の記事ではグループ選~BIS選まで書きたいと思います。

**********************************
**************

番外編。

オゥシーのブリード選が始まるまで、午前中に何度かエントリー犬たちのいるパドックに行っていたのですが審査時間が近づくと沢山のオゥシーたちがグルーミングの仕上げと最終調整をしていました。
忙しそうな方には写真撮影の許可だけ声をかけて写真を撮らせてもらいましたが、たくさんのオゥシーオーナーさんとパドックでお話しすることができました。

ny13.jpg

グルーミング中のブルーマール、ブラック、レッドマールのオゥシーたち。
この子達のハンドラーさんとは、滞在先のホテルが一緒だったのでロビーにて声をかけさせてもらい色々お話しました。
ゼウスたちの写真をアルバムに入れて持っていったので、みんな見てくれて「ハンサム!」「ゴージャス」という言葉にお世辞とはわかっていても親ばかな私達でした(^^ゞ

ny14.jpg

ブラックとレッドマールの子。

ny15.jpg

クレートに居たレッドの子。

ny12.jpg

トリミングテーブルに置かれた閲覧自由のアルバム。ちなみにこの子はアワードオブメリットをとった子です
オーナーさんがテーブルにいたので「アルバムを見ていいですか?」と声をかけたところ「あなたはオゥシーを飼っているの?」と言われたのでゼウスたちの写真を見せました。
周りのお友達の方も集まってきたのですが、ゼウスのブリーダーさんを皆さん知っていて話が弾み、なんと「小さい頃のピンキーを知っているのよ」とのこと!
「彼女がこんなに小さい頃に会っているの」と手で表してくれながらお話してくれましたが、まさかピンキーがアメリカにいた頃の話を聞けるなんて思ってもいなかったのでビックリでした。

ny11.jpg

パドックにてグルーミング中だったビヨンセちゃん。
我が家のピンキーのお父さん犬がビヨンセちゃんのオーナーさんのご愛犬であり、ゼウスやピンキーと血縁関係もあるのでビヨンセちゃんのオーナーさんとは交流があるものの姿が見えず。
ハンドラーさんがテーブルにてグルーミングの真っ最中だったので声をかけるのを少しためらいましたが思い切って話しかけてみました。
快く写真を撮らせてくださり、ポーズまで決めてもらい「グルーミングを少し見ていていいですか?」と尋ねた私に「もちろんいいよ」と言ってもらえました。
聞き取りにくいであろう私の英語にも丁寧に応じてもらい、色々とお話もできて感激でした。

ny18.jpg


以上、パドックでのオゥシーたちでした。

************************************
*****************
***
最後は、ニューヨークへ行って初めて会ったオゥシーの子。
オゥシーに会えないかな~?とキョロキョロしていた私達ですが、滞在2日目にやっとホテルのロビーで会うことができました。
オーナーさんともお話させてもらいましたがとても可愛いレッドマールの子でした。
ny9.jpg



☆☆ オーストラリアンシェパードのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックして応援してくだされば嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
にほんブログ村
comment (0) @ SHOW
ウェストミンスター PART.4 グループ選・BIS選 | ウェストミンスター PART.2 ドッグショーのシステム 

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する