HAPPY HALLOWEEN !

2014/10/29
これは昨日、生後6日に撮った写真ですが。
子犬のこのシワシワのお口まわりがたまりません!

20141029j.jpg

おなかを出して堂々たる寝姿。 

20141029k.jpg

女の子なのにとっても大物感漂うブルーちゃんです。

20141029l.jpg

*******

今日で、ひとりっこのブルーちゃん。生後1週間になりました

20141029b.jpg

まるで生後1週間に思えないくらいの大きさですがやっぱり赤ちゃん。

20141029c.jpg

時々ちいさな寝言を言いながら、時には一丁前にワンなんて小さく吠えながら。
一日を、ミルクを飲んでは眠っての繰り返しで大きくなっています。

20141029d.jpg

産箱の中も大移動。けっこうな脚力かも。

20141029e.jpg

ほんとにこの日数にしてはビックリするくらい大きな子。 まして女の子。

20141029f.jpg

時間がたつにつれて少しずつ少しずつ体がのびていくように大きくなっていて昨日と今日じゃ、まるで大きさが違うし、朝と晩でも大きさが違います。立派に成長中。

20141029g.jpg

ハロウィンなので。

20141029h.jpg

可愛い仮装をしていただきたいところですが、まだあんまりにもオチビちゃんなのやめました^^

20141029i.jpg

HAPPY HALLOWEEN !!

20141029a.jpg
comment (0) @ PUPPY

待っていたお母さん。

2014/10/25
生後3日目のブルーちゃん。
今日は断尾で動物病院へ行ってきました。

今年の春に引っ越してから、さらに近くなったかかりつけの動物病院。 車で5分ほどの距離になりました。
小さな子犬だから万が一を考えて他の患者さんのいない時間に、という先生のはからいで午後の診察外の時間帯に病院へ。
まずは口の中を見たりと異常がないか体の簡単なチェック。
そして処置へ進みましたが、とても腕の良い院長先生。 子犬に負担のないようにとてもスピーディーで綺麗な処置で、出血もなければ子犬が鳴くこともないまま終わりました。

そして帰宅後、玄関のドアを開けるとそこには待ちわびていたピンキーの姿が。

え? なんで? ピンキーはリビングに設置した産室に待たせて出かけたはずなのに。 産室を囲うサークルは背も高いし、ロックもついているはず。

なぜ玄関まで出てこれたのかわからないままリビングに向かいましたが。
まず目の中に飛び込んできたのは倒れたサークルと半壊した産箱。 それからサークルの周りの目隠しが床に落ちている様。

私もこうなるとは思いもせず、産室でおとなしく待っていてくれていると疑いもせずに出かけましたがよほど子犬と離されたことに不安になったんでしょうね。
30分ほどの不在でしたが、ピンキーにとってはなぜ連れて行かれたのかもわからないし、いつ帰ってくるのかもどこに行ったのかも、もしかしたら帰ってこないのかもしれないと不安に駆られたんだと思います。

せめて家の中に誰かいてピンキーに声をかけて不安を少しでも和らげていたら別だったのかもしれませんが、かわいそうなことをしたなぁと反省しました。 

20141025bb.jpg

きっとピンキーにとっては、とても長い時間だったはず。 

20141025cc.jpg

お母さんなんですね。

20141025dd.jpg

************
今日でまだ生後3日目なのに700グラム越えという、大きなブルーちゃん。 
ちょっとガサツですが愛情豊かなピンキー母さんに育てられてビッグに成長中です。
 
comment (6) @ PUPPY

小さなモデルさん。

2014/10/24
生後2日目を迎えたブルーちゃん。

20141024a.jpg

一人っ子で兄弟の比較対象がいないせいか、それともやっぱり大きいからか。
あれ?生後2日目ってこんなに大きかったかな?というくらいに成長中。

20141024b.jpg

タン(茶色い部分)の色も濃くなってきました。

20141024c.jpg

小さなモデルさん。

20141024d.jpg

写真を撮るのにもまだ目が開いていないし、日数的に歩くという言葉には程遠く、動くや転がるという言葉がふさわしい移動手段。

20141024e.jpg

あんまり代わり映えのない写真ばかりに見えますが、本人はそれなりに転がったりして写真の前でポーズをきめてくれています。
かわいいなぁ。ほんとに。

20141024f.jpg

ミルクも飲み放題。
どこを飲んでも同じ味しか出てきませんが飲み放題です。
粉ミルクを溶いて温度を調整して、哺乳瓶で飲ませて・・と子犬たちのミルクを飲むところが可愛くて哺乳のお手伝いが好きな私としては出番がなく寂しいところ。

20141024g.jpg

たくさん飲んで寝て。大きくなってね。

20141024h.jpg

ピンキー母さんの育児もベテラン。

20141024i.jpg

こちらは、お父さんのコルドくん。

「オレも、ついに人の(犬の)親になったよ」 

20141024j.jpg

「父ちゃん、おれも父ちゃんになったよ」 

20141024k.jpg
comment (0) @ PUPPY

ようこそ。

2014/10/22
ようこそ。おなかの外の世界へ。

というわけで、ピンキーが本日出産しました。

20141022a.jpg

産まれたのはブルーマールの大きな女の子。

20141022b.jpg

たった一頭だけ。 ひとりっこです。

20141022c.jpg

出産ぎりぎりまで、お腹を出して寝ていたピンキー。

9時過ぎに、あれ?微妙に震えてる?陣痛きているかな。
というような雰囲気になり、それから破水・出産。 9時54分に大きくて元気な可愛い子犬が産まれました。

今まで男の子ばかり産んだピンキーの初めての女の子の子犬です。

20141022d.jpg

色素のはっきりした、黒の多い綺麗な子。 かなりのビジンさんになりそうです。

20141022e.jpg

すぐにオッパイを独り占め。 たらふく飲んで、産まれて数時間でなんだか生まれた時よりさらに大きくなりました。

20141022f.jpg

ピンキーも一通りのお世話が終わると手慣れたもの。
子犬をおなかに抱えて、大いびきで今も寝ています。

20141022g.jpg

今回の出産のこと。

実は交配して30日目に動物病院に受胎確認のエコーに行ったときにどんなに探してもおなかの中は空っぽ。
先生も「日数も日数だから写らないことはないし100パーセントに近く子犬はいないかもね。もしかしたら1頭どこかに隠れているかもしれないけれど可能性はないかな。」と。

残念。でもこればっかりは仕方ないと帰宅しました。

そして、それまで全ての行動をピンキーだけ別行動にさせていたのですが他の子たちと一緒にすること数日。

いつも通りトイレに出した後、体を玄関先で拭いていたのですが・・。 妊娠時に見られる兆候に気づきました。

それは、その次の日も。

もしかしてやっぱり受胎している??と、1週間後に違う動物病院に。

そこで改めてエコーを撮ってもらい、映ったのは背骨もしっかり小さな心臓も動く立派な子犬の姿。

けっこう立派に成長していたので、先生いわく「たぶん1回目の交配の時にできた子だと思いますよ。少ないから前回のエコーで隠れてしまって映らなかったのかも」

ただ、1頭しか映らなかったのでお腹の中にいるのは最低1頭。もしかしたら2頭くらいいるかもしれないという状態でした。
その後もおなかがあまり大きくならずに出産を迎えたのですが、おなかの中に1頭しかいないとなると子犬がおなかの中で育ちすぎて産道を通ることができず、帝王切開になる可能性もあるので心配していました。
まして、先生の言うとおり1回目の交配でできた子犬ならば出産予定日を過ぎてきたので、これはマズイ。

と、そんな裏話があり今回の出産はいつにも増して緊張と不安もある出産でしたが無事に出産できて一安心です。

おなかに手を当てたとき、両端でポコポコ動いていたのでもしかしたら2頭いそう!と思っていたのですがきっとおなかの中で出てくる前に屈伸運動でもしていたのかもしれませんね。

とっても元気な女の子です^^

20141022h.jpg

上の画像はお父さんのコルド。

ゼウスとシズルの間の子のコルドがお父さん。 お母さんはピンキー。

我が家の4頭の子の血が全部入った、待望の子犬です。 産まれる前からドキドキしていましたが、無事に元気いっぱい産まれた今。 産箱を見ながら、さらにドキドキしている私です。
なんていったって子犬だったゼウスを迎えるころから始まって、自分がたくさんの時間をかけて調べて勉強して計算してで作ってきた血統の組み合わせが産まれたのですからブリーダーとしては正直、興奮気味だったりします。

最近のオゥシーは、上半身や頭部はごつかったり、しっかりしているけれど対照的に下半身が弱くて細かったりとアンバランスな子が多くみられるのでコルドのような後ろ足の太さや強さがピンキーと交配することで産まれた子に更に伝わればと思っての交配でした。

そしてLIMELITE ケネル出身のゼウスの子、コルド。 ピンキーもゼウスと同じLIMELITE ケネルで計算されて産まれた子です。 血統的にも非常に魅力的でもあります。

1頭だから私たちもピンキー母さんも子育てに余裕はありますが、産まれてから1週間は特に慎重に、です。

**************

ブラックの女の子を4年近く待っていて下さる方もいらっしゃるし、他にも2年・3年と待ち続けていて下さる方もいて今回子犬たちの頭数が産まれていたのならどうしても渡したかった方々ばかりなのですが・・。
私のケネルからの子犬をとこだわって待っていて下さる方々には本当に申し訳ありません。
次の出産予定は、母犬となる子の来日の都合で少し先になるのでお待ちいただいている方々には心苦しい思いです。

どうか子犬の元気な成長を願っていただければ幸いです。
comment (0) @ PUPPY

元気いっぱいに。

2014/10/22
ピンキー、今朝9時に陣痛が始まり元気な可愛い子犬が産まれました!
詳細はまた改めます。
comment (6) @ PUPPY