ただいま開店。

2010/03/30
夜、寝るときにはクレートに入って寝ているシズル。
朝になって人間が起きだすとクレートから出るのですが、最近はしばらくすると開店準備が始まります。

P1030561.jpg


「おもちゃ屋シズルの開店!」
まるで、これからお店を始めるかのように自分の周りにおもちゃをズラッと並べてご満悦な様子。
お気に入りは、ペットショップで買ったキューキュー鳴るクロワッサンの形をした犬用のぬいぐるみ。それから、ダンナがUFOキャッチャーでシズルのためにとったヒヨコのぬいぐるみ。

P1030565.jpg


オモチャで遊ぶゼウスと違って、シズルはオモチャがそこにあれば満足・そして持ち歩く物って感じです。
ほぼ毎朝開店する「おもちゃ屋シズル」。どうやら店主のシズルにとってオモチャは非売品なようですがきっと明日も開店しそうです。
comment (6) @ 日々の出来事

FCIジャパンインターのお知らせ。

2010/03/30
やっと昨日パソコンが返ってきました。
さすがお願いしただけあって前よりも快適にサクサクと動くものの、インターネットとメールの設定や各種設定は自分たちで。
私もダンナもパソコンに詳しくないだけに2人で「難しいよね」「わかんないねぇ」と言いながら昨日の夜に説明書を片手に一苦労でした。
なんとか設定も終わり、ネットにも繋がってホッとしました(^^)。よかった~。

データの復旧作業もしてもらったので、今回はパソコンの中に入っていた大切なデータも消えずにすみましたがトラブルに備えてバックアップもしっかりと今からとっておきました。これで、もしまた何かあっても焦らずにすみそうです。(何もないことを祈りたいです・・・)
P1030437.jpg

画像は「オカエリナサイ♪」なゼウスとシズル。

さて前回の記事でショーのお知らせを書きましたが改めてお知らせします。
今週末、4月3日(土)・4日(日)と東京ビッグサイト東5・6ホールにて「FCIジャパンインターナショナルドッグショー2010」が開催されます。
オーストラリアンシェパードの審査は3日(土)、朝8時半開始のオーストラリアンキャトルドッグの審査に続いてRINGにて審査開始となります。

両日共に、その日までにコンディションを整え、ハンドラーと共に当日最高のショーイングを魅せる沢山のショードッグたち。
単に「カッコイイ」「かわいい」「綺麗」という言葉だけでなく、愛犬へのグルーミングや日常の管理であったりと勉強になる場でもあるかと思います。
当日はドッグショーはもちろんトリミング競技会、アジリティJKCカップ、牧羊犬実演など各種イベントもありますし、お店も出ますのでお買い物も楽しめるのではないでしょうか。

会場案内、詳細はJKCのサイトをどうぞ→ジャパンケネルクラブ
また、「見どころ」として審査スケジュールを始めとし、ドッグショーの歴史や審査進行などが紹介されていますので見てみるとよいかもしれません(^^)→見どころ紹介
comment (4) @ SHOW

パソコン修理。

2010/03/25
naga.jpg

昨年秋に画面が真っ暗になり動かなくなった我が家のパソコン。
メーカーのカスタマーセンターから借りたCDで復活したものの、その後に突然プリンターがワイヤレスで繋がらなくなって、最近ではシズルが来た日にインターネットに繋がらなくなったり。

それでも、その時々の処置でなんとかまた使えるようになっていたので、だましだまし使っていたのですが5日くらい前からそれまで使えていたのが突然のエラー画面。

今度は全く手の施しようがなく、本日ついに修理に出してきました。
中のデータの復旧も頼んだため修理費用、約5万円なり。
イタタタタ…。
ただでさえ犬貧乏な我が家(+_+)
人間は節約生活を送らなきゃね。
なにはともあれ、3日後に戻ってくるパソコン。
メモリーも増設してもらって今度からは快適にパソコンを使える日がきそうです。

そんなわけで、このブログは携帯電話からの投稿で文字打ちが少々不便なのですがちょっとお知らせもあるので書きたいと思います。

『FCIジャパンインターナショナルドッグショー2010』のお知らせを。

今年も4月3日と4日に東京ビッグサイト東5・6ホールで約130犬種2500頭の犬が勢揃いするドッグショーが開催されます。

オゥシーは3日、オーストラリアンキャトルドッグの審査に続いて2犬種めの審査になりますので審査時間は朝8時半過ぎ。RING9にて審査開始となります。
発表では、今年のエントリー頭数は4頭。
同じ1Groupでもボーダーコリーやシェルティ、コーギ-とは比べものにならないくらいエントリー頭数が少ないのは毎年ながら残念ですが、当日までコンディションを整えてきたオゥシー達が素晴らしいショーイングを見せてくれることと思います(^^)

その他、詳細・リンクはパソコンが修理から戻ってきたらお知らせします。


画像は、3連休の最終日に埼玉県の長瀞石畳にて。
小さく写っているのは、うちの母です(笑)。
風は冷たかったけれどとっても良い天気でしたね!
お昼前に母とゼウスとシズルとで出発し、深谷市で行われたドッグショーにてハンドラーさんにご挨拶した後に長瀞へ。

頻繁に遠出で遊びに連れていくゼウスには慣れている長時間ドライブですがシズルは初めて。
途中、休憩も挟みながらでしたが後部座席で爆睡していました。
シズルが横になって足をのばして寝るため、小さくなっていたゼウス君でしたが(¨;)
けっこう大物感漂うシズルでした。
comment (2) @ 日々の出来事

晴れた日は。

2010/03/19
ポストを開けて、コレが入っているともうすぐ4月・春なんだな~と実感します。
毎年、市からくる狂犬病予防注射の集合接種会場の案内のハガキ。
我が家の子達は代々、動物病院で狂犬病予防注射を受けるので集合接種には出向いたことがないのですが・・・。
会場には沢山の犬達が集まっているのかな? 興味範囲ですがちょっと覗いてみたいなといつも思います(^^ゞ

そんなわけで今年も2通のハガキ。
ルシードとゼウスのぶんがポストに入っていました。
kansa1.jpg

上はゼウスのもの。
ちゃんと種類も毛色も合っています。
なのに・・・。下はルシードのもの。訂正を出したのに毎年、間違ってるんですよね~。
kansa2.jpg

種類はシェパード、毛色はブルー。 なんだかルシ、違う犬にされています。
ルシード宛に届くこのハガキも今年で最後でしょうから、いつかちょっとした思い出話になるのかな。

余談ですが私の実家の近所にいる犬は「シロ」という名前なんですが毎年、この市からのハガキの犬の名前の欄が「クロ」になっているんだそうです。
ちゃんと「シロ」で登録したし、本犬は全身真っ白の毛色なのにね^_^;


さて、ここのところ風はちょっと冷たいけれどずっと天気が良くてゼウスとシズルを連れてよくお出かけしています。
晴れた日は外で遊ばないとモッタイナイ!!
なので、やろうやろうと思っているケネルのウェブサイトも作業は止まったまま。
まぁ、天気の悪い日や雨で外に出られない日にのんびりやっていこうかなと思っています。

run7.jpg

ここはちょっとした穴場ドッグラン。
フェンスに囲まれているから安全に思いっきり走ることができます。
run2.jpg

おいかけっこ開始♪最初はゼウスが追っていたのですが交代して今度はシズルがゼウスを追う番になったようです。
ゼウスくん、なんだか顔が変わっているよ?
run1.jpg

シズちゃん、のびきって走っています。速い、速い!!
run9.jpg

???
run8.jpg

倒されたゼウスくん。 女性、強し!
run10.jpg

3日連続で来たのですがゼウスもシズルも楽しそう。
run6.jpg

大丈夫!シズちゃんは追ってきていませんよ。だから前を見て走ったほうが良いかと。
run3.jpg

遊び終わった後のおふたりさん。疲れたかな?楽しそうだったね。
run5.jpg

帰りの車の中。
この画像は旦那の車なので広いから余裕なのですが、私の車は軽自動車なのでバリケンは2個が限界。
最近は私の車に乗せているときは後部座席をフラットにして、ゼウスもシズルもフリーにして乗せています。おとなしく景色を見たり、横になって寝言を言いながら寝ていたりするときも。
car1.jpg

昨日は夕方、葛飾区にある水元公園へ。ここも我が家がよく行く遊び場のひとつです。公園内をグルッと歩いて、芝生広場ではロングリードをつけて走ります(^^)
mizumoto.jpg

また沢山遊ぼうね♪ゼウス君、シズちゃん♪

遊んだ後は、帰宅後に外にある4畳ほどの犬舎へ。
kensha.jpg

犬舎の床は人工芝。スノコのようになっているので足を洗うために水を流しても、また汚れた水で足が濡れることはありません。
kensha2.jpg

足を洗って玄関へ。いっぱい寝て、明日からもいっぱい遊ぼうね!
comment (0) @ 日々の出来事

Crufts.

2010/03/17
今年もアメリカのウェストミンスターに続き、3月11日から14日と、のべ4日間にも及ぶドッグショーであるCruftsがイギリスで盛大に開催されましたね(^^)
ウェストミンスターの時もそうですが、毎回すぐにショー結果や審査風景などがウェブ上にアップされ、会場にいなくてもその雰囲気をリアルに感じられます。

さて、2010年CruftsのオゥシーのBOB(ベストオブブリード・簡単な説明だとショーにエントリーした沢山のオゥシーたちの1位になったオゥシーのことです)は、ブルーマールの6歳になる男の子。

ちなみに、このBOBになった子はDeisel君というのですがアメリカ・ASCA(オーストラリアンシェパード クラブ オブ アメリカ)・イギリス・イタリアのチャンピオンタイトルを現在所持している子です。

画像をアップしたいところですが著作権の問題もあるでしょうから・・。
Cruftsのウェブサイトはコチラ→CRUFTS

オーストラリアンシェパードはPastoral Group所属ですのでSearchをかけると写真や情報がわかるかと思います。

*********

ウェストミンスター・Crustsと終わったところで「ドッグショー」の話を少々。まずはドッグショーって何?っていうところより。
JKC(ジャパンケネルクラブ)の「ドッグショー」より許可をいただいて紹介文を転載させてもらいたいと思います。
champ.jpg

画像は2008年夏にJKCチャンピオン完成した時のゼウスです。

[ドッグショーとは、犬の姿形を審査する「品評会」で、それぞれの犬種の理想にもっとも近い犬を評価する目的で行われるものです。
犬種ごとに理想像を定めた文書を専門用語で「犬種標準(Standard : スタンダード)」といい、ドッグショーではこの「犬種標準」が審査の基準となっています。
犬種標準は、その犬種の姿形、能力、性質などを保存するために定めたもので、繁殖指針として優良な犬を保存していく上で重要な資料となっています。
ドッグショーは、犬種標準に近い犬を評価するだけでなく、その犬のブリーダーに対しても、その繁殖の正しさを評価・賞賛する役割があるのです。

現在では、ドッグショーは世界各国で盛んに行われており、とりわけイギリスのクラフト展、アメリカのウェストミンスター展は大変有名です。

日本では、社団法人ジャパンケネルクラブおよび傘下のクラブが開催するものを含めて、1年間に300回以上全国各地で開催されています。
その中でも、「FCIアジアインターナショナルドッグショー」は、社団法人ジャパンケネルクラブ本部が総力を挙げて毎年1回春に開催するもので、アジア地域最大のドッグショーとして定着しています。]

以上がJKCが説明するドッグショーについてです。

ここからは、私自身の個人的な意見ですがドッグショーってアジリティやフリスビーなどの大会より敷居が高いイメージがあったり「実力と成果が点数となって、誰もがわかる結果へと評価される」わけではないから不透明なところもあるかと思います。
進行やシステム、ポイントなどについてもドッグショーに詳しい人に教えてもらったり、一緒に見ない限りちょっとわかりづらいかも。

審査の寸評があったり、なぜその犬が他の犬より評価されたのかということがオープンになるのであれば、きっともっと楽しいし他のドッグスポーツのように身近になるのではないかなと感じていますが、ギャラリーとして見学するのならば「この子はピックアップされそうだな~」なんて予想を立てながら観戦するのも楽しいものだし、グルーミングであったり管理であったりと日常の愛犬の管理の参考にもとても勉強になる場であるかと思います。

また、ショーにおいて犬のリードを引き「その犬の持つ魅力を最大限に引き出し、魅せる人」をハンドラーというのですが、こちらもプロハンドラー・そしてオーナー自身が引くオーナーハンドラーとありますけれど、どちらも「一つのドッグショーに向けてその日まで日常の管理から始まり、結果だけが全てではなく犬とともにベストを尽くして楽しむ」というのは他のスポーツと同じドッグスポーツといえるのではないでしょうか(^^)


時間に余裕ができたらドッグショーについてもKENNELのウェブサイト上にわかりやすいようなページを設けたいと思ってはいるのですが、なかなか^_^;

他のドッグスポーツにおいては、とっても興味はあるのですがなにぶん参加していないのでお話しすることもできず残念なのですけど・・・。もし今後参加する機会ができたら、そちらもと思っています♪
comment (0) @ SHOW