夏向きコートとお手入れグッズの話。

2016/05/07
5月に入りましたね^^
今年の我が家のゴールデンウィークは3日間といつもより短かく、私の体調のこともあって遠出はできませんでしたが近場で遊んだりゆっくりのんびりのお休みでした。

20160507s.jpg

休みの間にパパさんが頑張ってシャンプーもしてくれたしカットはいつも通り私担当で全員終了。
気温が上がってきたこの頃、みんな夏向きコートへの準備も始まりました。

適切な管理をしていれば年間通してそんなに毛の抜ける犬種ではないオゥシーですが、気温が上がってくると冬コートから夏向きのコートへの切り替えでアンダーコートも抜け始めて、部屋の中の抜け毛も気になってきますよね。

昔トリマーとして仕事していた時もこの時期は、小型犬・大型犬と「暑苦しい」「短くして」とカットの依頼が圧倒的に増えてきて暑くなってくるし・・・とサマーカットという名の全身バリカンを考える方も多かったです。
仕事なのでもちろんバリカンをかけてお返しし、喜ばれていましたが・・。

個人的にオゥシーに関しては全身バリカンではなく、アンダーコートをしっかりとって風通しを良くしてあげる・毛量が多い子は毛量を減らしてあげるということで‘サマーカット’にしてほしいなと思います。

ということで、元トリマーとしてたまには実用的?なお話を。

私の使っている夏向きコートへのお手入れグッズを紹介したいと思います。

だいたい皆さん、コートのお手入れ用具として所持率がダントツ高いのは針金が埋め込まれた作りのスリッカーなんですが扱い方も間違っている方が多くて皮膚やコートを傷つけていることが多いです。
特にスリッカーは‘針金’なので、持ち方・扱い方が違うと犬にとって痛い思いをさせます。
どんな道具もまずは自分の腕にでも当てて、力加減と道具の扱い方・持ち方を練習してみてください。

お手入れを嫌がる子もいるかもしれませんがそういう子の多くは、過去に痛い思いや嫌な経験をした子。

皆さん、歯医者さんに行くとき怖くても不安でも治療中は歯医者さんを絶対的に信頼して身を任せていると思います。
犬も同じ。
犬にとって「あの人の腕は信じられない!痛い思いした!」とならないよう、その信頼を裏切らないよう・痛い思いや嫌な思いをさせないようにが大事です。

前置きが長くなりましたが。

まずは「金属製のコーム」

このコームとピンブラシ(写真にはありませんが)があれば基本的にコートのお手入れに不自由はしないと思います。

特にコームは、かさばるものでもないので秋に草の実がコートにからんだときなど取るのに便利ですしお散歩バックにでも一つ入れておくと重宝します。

コームも持ち方・扱い方がありますがアンダーコートをしっかりとるのに使っています。

20160507a.jpg

「アンダーコートレイク」

道具名の通り、アンダーコートをとります。 手軽にアンダーコートをとるのには便利でしょうか。

20160507b.jpg

こちらは、ちょっと専門的な物になるかもしれませんが。
ドッグショー会場や通販で買えると思います。

「トリミングナイフ」

アンダーコートの処理以外、私は通常のグルーミングやショーの時に使うほうが多いですけれど、毛質によってはアンダーコートがとりやすいです。 シズルは、毛質的に大体トリミングナイフを使っています。

20160507c.jpg

「コートキング」

刃先が丸いので皮膚を傷つけることもなく、おもしろいくらいにアンダーコートがとれます。
毛量の多い子は、毛をすくことで軽くもなるのでおすすめです。

ただ、アンダーコートも含めておもしろいくらいにゴッソリとれるので使いすぎると、毛がスカスカになり気づけば薄毛になりすぎるので、お気を付け下さい(昨年、私は調子に乗って使いすぎて気づけばゼウスとシズルがかなりの薄毛になっていました。涼しげで過ごしやすそうでしたけど)。

* ショードッグ・ショーを検討中の子にはおすすめしません

20160507d.jpg

以上、お手入れグッズのお話でした。
お役にたつようなら今後も色んな犬との生活での実用的なお話もしていきたいと思います(^^)v

comment (0) @ 犬との生活

掃除のこと。

2014/08/29
我が家の掃除のことで、最近遊びに来られた方々から質問が重なったので今日は我が家の掃除の必須アイテムについて書こうかなと思います。
私自身、犬のニオイといわれる生乾きなような独特のニオイに抵抗があるのと中途半端な綺麗好きのため掃除洗濯、片づけが好きです。

今の家に引っ越してからは、まだ半年たっていないし新築の家なのでそれなりに家も汚れていないのが当たり前ですが前に住んでいた家の時から「犬のニオイがしない」や「犬がいる感じがしない」と言ってもらえることが多かったので日頃の掃除の成果があるのかななんて思っています。
もちろんゼウスたち4頭に体臭というものを感じなかったり、室内犬たちなので散歩のあとのケアやシャンプーなど衛生管理もしているせいもあるんですが、時々遊びに来る身内にチェックしてもらってもO.Kをもらえるので大丈夫かも?!

なんて、あんまり書くと自分でハードルを上げてしまうので変な自信の話はここまでにして、需要があるネタかはわかりませんけれど質問いただいていたことも含めてなにかの参考になれば^^

*********

お客さんが来られている時と夜寝かせるとき以外、4頭が家の中でフリーになっている我が家。
もちろん誰も部屋にある物をイタズラもしないし、走り回ることも、ましてトイレの失敗も皆無です。

基本的に、年間を通して常に毛が抜ける犬種ではないですが(ゼウスなんて年間通して、ほとんど抜けないです。これはこれでどうかと思いますが)換毛時期は特に、床に落ちる抜け毛は目立ちます。

ふだんの掃除は、掃除機をかけた後にスプレーを吹き付けながらの床の拭き掃除。

スプレーの中身は、床に手足の接触が多い犬たちにとっても人間のお子さまにとっても刺激のないナチュラルなものを掃除用として使っています。
オレンジエックスだったり、ウィルス殺菌用のものだったり、時間に余裕があるときや定期的にはワックス入りのクリーナーも。
子犬が家にいるときは特にウィルス殺菌の物を使いますが、あとは気分次第で使い分けています。
鼻のいい犬たちにとって、あまり香りの強くないものを選ぶようにしていますが。

20140829a.jpg
画像は奥がオレンジエックス。手前がナノックス。業務用でもあっというまになくなる、我が家の消耗品です。安いときにまとめ買い。

あとは洗濯。

犬用品の洗剤はNANOXを使用。 
新製品が出るとだいたい試すのですけど、子犬たちがいるときはオシッコの失敗も多いので洗い物も多く、効果が一番あったのは今までたくさん使ってきましたがコレでした。
あくまで個人的な感想ですけれど、ニオイ汚れはどの洗剤よりもスッキリ落ちるような気がします。
単品だけでは落ちないニオイは、オレンジエックスやパインソルを一緒に投入すると完璧です

パインソルは、庭のミニドッグランのお掃除用に主に使用。

20140829b.jpg

夜、最後のトイレが終わったときは別の消毒液を使って最終お掃除終了となりますが、普段の簡単な掃除にはパインソルを水で薄めたものをスプレーやジョウロに用意して使っています。

パインソル、2年位前までコストコで5リットルで900円くらいで売っていたのに今や取り扱いがナシ。
いつも買い物に行く店舗で、他店舗の入荷状況についても聞いてみましたが今後も取り扱いはしないそうです。残念・・。

しかたないのでネットで、1リットルちょっとを800円ほどで一本ずつ買っています。

だいぶ希釈して使うので、そんなにすぐにはなくなりませんが毎日使うものだけにもう少し安く欲しいなぁと思うこのごろ。
たまーに輸入洗剤を扱うホームセンターなどの片隅に5リットルの物が安く置いてあることもあると聞いたので、どなたか見かけられたら教えてください^_^; 近場なら買いに走ります!

というわけで我が家のお掃除事情でした。

20140829d.jpg

我が家のミニドッグランにて先ほど撮った皆さん。

20140829c.jpg

*********
ここのところ、雨の多いスッキリしない天気ですが気温が低め。 
昨日は午後から栃木県までお出かけでしたが、夕方いつもなら暑くて遊びづらい時間でも昨日は涼しくて広い芝生の広場でたくさん遊べたみんなでした。
小山市の道の駅のキャラクターはピンキーちゃんだそうで。

20140829e.jpg

******
追記。

人間のお子さまが遊びに夢中だったのでこんな時間にブログがゆっくり書けたのですけれど、ついていたテレビで始まった「サーフィンドッグ」という映画。
「あ!オゥシー!ブルーマールだね!」と大きな声を出したのでテレビを見たらオゥシーが映っていました。もうすぐ3歳の人間のお子さまですが、さすが私の子です。最近、教えてもいないのに犬種をバッチリ覚えてきました。

あわてて手元のカメラでテレビ画面を撮ったのがこちら。

20140829f.jpg

映画のストーリーは片手間に見ていたのでわかりませんが主役がグレートデンで、オゥシーの子はヒロインになるのかな。とても可愛いブルーマールの子でした。
オゥシーってやっぱり可愛い♪

☆☆ 毎日たくさんのクリックありがとうございます。
オーストラリアンシェパードのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックして応援してくだされば嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
にほんブログ村
comment (0) @ 犬との生活